【お役立ち情報】時期によって賃貸の家賃が高くなることもある

【お役立ち情報】時期によって賃貸の家賃が高くなることもある


【お役立ち情報】時期によって賃貸の家賃が高くなることもある
不動産屋に出向くとわかりますが、不動産業界にも忙しい時期と暇な時期があります。
当たり前のことですが入学や就職の準備のある、年明け〜3月頃までというのが不動産会社にとりましては繁忙期となります。

例えば入学式や卒業式の時期に賃貸探しをしても、良い物件はどんどんと契約されてしまいます。
この時期は物件を求める人が多くいますので、多くの大家さんは家賃の値下げ交渉などの席には座ってくれない傾向にあります。

不動産屋が暇な時期である梅雨からお盆にかけては、数多くの賃貸物件から探すことができます。
早く入居者を見つけたい!という大家さんの考えもありますので、比較的家賃交渉がしやすくなっています。 最近ではインターネットを利用することによって日本全国の賃貸物件をいとも簡単に見つけることが出来ます。
また実際にその賃貸に住んだ人の口コミ情報なども公開されていることがあるので是非参考にしてみてください。




【お役立ち情報】時期によって賃貸の家賃が高くなることもあるブログ:22/07/31

文明が発達したおかげで、
わたくしたち人間は、
どうしても9時食を食べざるをえなくなった。

そのために24時間3食になってしまい、
その結果、食べる事の量が増えて、
それが食べる事過剰になり、内臓は疲労しきって、
病気を発症してしまう…

人間の身体は元々は24時間1食であり、
文明が始まると共に24時間2食になった。

発達した文明を維持するために
24時間3食にすれば、
脳に栄養が送り届けられるが、
内臓が疲労しきってしまうのである。

母としては
息子がたくさん食べ物を食べてくれれば
健康に育ってくれると思ってしまいがちだが、
現実はそうではない。

24時間3食で大食いしていたら、
確実に病気になるし、バカになってしまう。

我が子を健康にしたいのなら、
24時間2食半に抑え、
24時間の内、1食だけ多目に出せばいい。

平日は夕方食を多目に出し、
休日は11時食を多目に出せば、
息子は内臓を疲労することなく健康に育ち、
高い知能を発揮できるようになる。

母にしても
24時間3回も食べる事を作っていたら、
疲れ切ってしまう…

母自身が疲れ切っているために
料理がワンパターンになり、
挙句の果てはお惣菜を買ってきたり、
レトルト食品や冷凍食品やインスタント食品で
済ましてしまうようになる。

そのような食べる事をしていれば、
息子の健康に悪影響が出て来るのは必至。

それに24時間3食だと
食費だって高くつき、家計を圧迫してくる。

食費を多く出して
家族が健康になってくれれば、
その出費は有効であろうが、
出費が多いのに家庭内で病人が続出では
その出費は削減した方がいいのである。

家計が苦しいという前に、
24時間3食の食べる事パターンを改めるべきだと思う。


【お役立ち情報】時期によって賃貸の家賃が高くなることもある

【お役立ち情報】時期によって賃貸の家賃が高くなることもある

★メニュー

【お役立ち情報】不動産屋は管理物件を多数抱えている店舗へ
【お役立ち情報】悪質な広告には賃貸契約をさせるための策略がある
【お役立ち情報】家賃の半年分程度は初期費用として用意
【お役立ち情報】出せる家賃の設定が最も大切
【お役立ち情報】時期によって賃貸の家賃が高くなることもある
【お役立ち情報】敷金の使われ方と礼金に注意しよう
【お役立ち情報】競合しているからこそ不動産屋は狙い目
【お役立ち情報】賃貸探しは引越しの2週間前
【お役立ち情報】賃貸情報誌は偏った情報が掲載されている
【お役立ち情報】インターネットがやっぱり賃貸探しで役立つ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)利便性から選ぶ賢い賃貸探し