貴方が求めているパーフェクトな賃貸探しを続けてしまっては、なかなか理想の物件を見つけられなくなってしまいます。
また、これは当然のことですが好条件が重なってしまうことにより、それに比例して家賃も高額になってきてしまうのでご注意ください。

 

賃貸物件を探す時には、妥協の出来る条件と、絶対に妥協をすることが出来ない条件を区別しておきましょう。
不動産会社へ訪れる時も条件を決めた上で訪問をした方が、 担当の人から明確な物件を案内してもらうことが出来るでしょう。

 

「近くにコンビニがあって、駅まで5分以内、オートロックでフローリングで…」などと理想を高くすればするほど選ぶことの出来る物件数が減ってきてしまいます。
例えば2DKで物件を探している場合でも、広めの1LDKも視野に入れるなど条件に幅を広げるようにしましょう。 一つの不動産屋へ足を運ぶと、そこには数多くの賃貸物件が紹介されていることでしょう。
しかし貴方が住みたいエリアの賃貸を探すのでしたら、その現地の不動産屋で賃貸探しをすると良いでしょう。



【お役立ち情報】出せる家賃の設定が最も大切ブログ:22/08/12

普通は、
「太る」「晩ゴハンが食べられなくなる」などという理由で、
間食は敬遠されがちです。
 
確かに間食の代表格である
甘ーいショートケーキや、お菓子などは、
高カロリーな割に栄養バランスが悪いので、
肥満や生活習慣病の原因にもなりかねません。

でも、きちんと量と種類を選べば、間食にもメリットはあります。
むしろ、間食をした方がダイエットにつながる場合もあるんですよ。
 
例えば、
11時食と夕方食の間の時間があいてしまう場合…

仕事が忙しくて、今日は終電で帰宅することになりそう、
しかも夕方食は家に帰ってから…という場合は、
11時食と夕方食の間が
半日もあくことになりますよね。

間食も摂らずに半日も空いてしまうと、
夕方食をドカ食いしてしまうかもしれませんよね。

しかも寝る前の食事は太りやすいので、
それが肥満につながる可能性は大です。
 
それに食間が長いほど、
体は「いつ食事を摂れるかわからない…」と判断し、
エネルギー源になるもの(糖質や脂肪など)を吸収し、
体に貯め込むようになります。

実際、中性脂肪値の高い人は、
夕方食の時間が遅い人がほとんどだそうです。

というわけで、ヘタに太ることを恐れて、
腹が空いているのを我慢して、太ってしまうくらいなら、
肥満を防ぐためにも、適度な間食を摂った方がいいんです。

血糖値が下がると、糖質をエネルギー源にしている脳の働きは鈍ってきます。
腹が空いている時は血糖値が下がっているので、
肥満や空腹感を抑えるためだけでなく、
脳を活性化し、仕事の効率を上げるためにも間食は必要なんです!

必要以上にお菓子を我慢することは、
ダイエットにとってよくない事なんですよ!